頭皮の臭いをとるシャンプー

どうして?CMでよく見るシャンプーが頭皮の酷い理由と成分一覧

市販されているシャンプーの多くに配合されている洗浄力の強い界面活性剤は、生活七つ道具ですシャンプー剤、洗顔料、クレンジング剤、石鹸、ボディーソープやハンドソープにも入っています。
正しくは合成界面活性剤と言い、主な成分としてラウリル硫酸ナトリウムやラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸ナトリウムやラウレス硫酸アンモニウムがあります。
髪に良い成分に関してで植物由来などもあり、原料に植物性オイルが使用されており、植物性界面活性剤と言われますが、界面活性剤であることは間違いありません。
ラウレス硫酸系やラウリル硫酸系の成分が配合されているシャンプーは洗浄力が強く泡立ちが良いため好まれますが、頭皮への影響は避けられません。
さらに、コンディショニング成分やケラチンなどの成分を配合した高級ヘアサロンなどで通じるシャンプー剤も頭皮に良くないです。
髪の纏わりつきやダメージを修復しますが、洗髪で開いた毛穴に浸透しやすく毛乳頭や毛根にダメージを積み増します。
洗浄力が強いことは良いかのように思われますが、頭皮には適度な皮脂の分泌が必要なため、取り過ぎれば頭皮の炎症の原因となります。
また、不足した皮脂を補うため、皮脂分泌過多となることが抜け毛を促進するとも言われています。
適度な皮脂のバランスにより、頭皮は細菌や紫外線から守られ、髪の水分バランスをもコントロールします。
界面活性剤が配合されていない無添加天然成分のシャンプーが頭皮に良いです。