シャンプーで頭皮のかゆみが悪化する!?シャンプー選びで気をつけたいポイント

頭皮のかゆみの原因はいくつか考えることができます。
間違った方法によってトラブルが出やすい環境になってしまう事が多いのです。
頭を洗う時のお湯の温度は、38度くらいにしましょう。
熱いお湯で洗ってしまうと乾燥してしまいます。38度くらいのお湯で丁寧に濡らしてから洗うようにしてください。
シャンプーを頭にそのまま付けて洗うことはおススメできません。手に取って手のひらでよく泡立ててから髪につけてるようにしあましょう。原液を直につけて洗わないようにしましょう。指の腹でマッサージをするようにして洗いましょう。
しっかり泡立てるだけで、汚れは浮き上がります。
頭皮の乾燥はかゆみがでる多い理由です。
爪を立ててゴシゴシとこすり洗いすることは、絶対にしないようにしましょう。
洗浄力の強いシャンプーを使う事は皮脂を必要以上に取りすぎてしまう事になります。皮脂の摂りすぎで頭皮が乾燥してしまう事があります。
皮脂が多く、べたつくからと言って洗浄力の強いもので洗ってしまうことで皮脂が足りないと判断し過剰に皮脂が分泌され
さらにべたついてしまうという悪循環になります。皮脂の過剰分泌は毛穴を詰まらせ、酸化しやすい環境を作ってしまいます。
皮脂が酸化してしまうとニオイの原因にもなります。臭いが気になるとまた、洗いすぎてしまうようになります。
皮脂の分泌が多い、臭うという理由でより洗浄力の強いシャンプーで必要以上に洗ってしまうのです。
洗いすぎることで頭皮は乾燥してしまいます。乾燥してしまうと刺激を感じやすくなってしまいます。
乾燥してかゆみが出ると、洗髪が足りないと勘違いしてゴシゴシと力を入れてこすって洗うことで頭皮に傷がつきます。
汚れだけでなく、石鹸成分もしっかり落とさないと刺激となってしまいます。
髪の生え際や耳の後ろなど、すすぎ残しが出やすい場所は特に気を付けるようにしましょう。
38度くらいのお湯で丁寧にすすぎましょう。
洗い方を見直してもかゆみが出たり、乾燥してしまう場合にはシャンプーを見直すようにしましょう。
肌の乾燥には、アミノ酸やセラミドなどの潤いを与える成分が配合されているものがおすすめです。
乾燥やかゆみの改善には、シャンプーの成分もとても重要になります。刺激の少ないもの・皮脂を取りすぎないもの、ノンシリコンのものを使うようにしましょう。使い続けることによって乾燥の改善につながります。
成分と洗い方を改善することがとても大切です。

関連記事

NO IMAGE

頭皮のかゆみと抜け毛の因果関係について

NO IMAGE

冬になると頭皮のかゆみが酷い!その原因と対策のコツは?

NO IMAGE

フケがでないのに、頭皮がかゆみでガシガシしたくなる(泣)原因と解消法

NO IMAGE

頭皮のかゆみで困ってます!もしかして水虫菌が・・・!?症状と気をつけたいポイント

薄毛が気になる&頭皮のかゆみがある場合

NO IMAGE

10月になると猛烈に頭皮のかゆみがひどい!対応しないとどうなるの?対策と対応につ...