頭皮の臭いをとるシャンプー

シリコンシャンプーが悪といわれるその原因は?

シャンプーは、シリコンが入っていないほうが良いと聞きませんか。シリコンはどうしてひどいのでしょうか。シリコンシャンプーもありますが、今ではノンシリコンとしているメーカーもあります。それだけ、シリコンを避ける人が増えているのです。

どうしてシリコンシャンプーがひどいのかというと、シリコンが頭皮の毛穴に詰まってしまうために、頭皮環境が悪化すると言われています。頭皮の毛穴は汚れのないすっきりとした状態を保ちたいのです。そのほうが、髪の毛も健康的な状態になります。髪の毛が抜けやすい、薄くなってきたと感じている人は、シリコンが毛穴にあることも考えたほうが良いかもしれません。

また、シリコンが入っていると、髪の毛をコーティングします。これもあまりよくないと言われています。シリコンシャンプーによる後は、髪の毛がさらさらした感じがするかもしれません。しかし、これはシリコンで髪の毛をコーティングやるからです。これでは、シャンプーに入っている栄養分が髪の毛にあまり浸透しないので、一見、髪の毛が綺麗に見えますが、必ずしも健康的な状態とは言い切れません。

だから、シリコンが入っていないほうが良いというわけです。一時しのぎに見れば、髪の毛がつややかな状態になった気がします。ただ、あくまでも短期的なだけです。髪の毛を健康的にしたいと思ったら、シリコンを避けて髪の毛に栄養が行き渡るようにしたほうが良いでしょう。