頭皮に臭いを改善するー食生活編ー

体臭は多くの人が悩む症状で、そこには脇や足、口といった各部位によって問題は分けられますが、距離を離したりすれば誤魔化すことも可能です。しかし、頭皮の臭いに関しては常に外気にさらされ、人に近づくだけで臭うということもあるので気にかけている人も少なくないでしょう。特に強い臭いを発すると、どれだけ清潔にしていても不衛生さが見られ、日常生活にも支障が出ることもあります。営業職の人では顧客に悪い印象を与えることにもなるので、常に自分の臭いを確認して、改善をすることが重要になります。頭皮から悪臭が出るような場合、その原因は大抵が皮脂の分泌によるものとされます。汗と一緒に分泌される皮脂は、油分なので通常は油っぽいものとなっていますが、皮膚の常在菌に分解されると独特の臭気を放つようになります。さらに汗臭さ、加齢臭などが混じることで強烈な臭いを発するようになります。肉を食べ過ぎると体臭が強くなるという話がありますが、これは体内に摂取された成分が皮脂や汗などから排出されることで起こります。つまり、頭皮を含む体臭を改善するためには、食生活を改めることが重要ということになります。まず第一に皮脂の分泌を増やしてしまう食べ物として、脂っこいものを余計に摂取しないように気をつけます。特に動物性の脂肪は皮脂の分泌に関わるだけでなく、全身の体臭にも関わるので、肉が美味しいというのも分かりますが、他の食事を抑えて肉ばかりの食生活は控えるようにしましょう。その他にも揚げ物やスナック菓子、ナッツ類やケーキ、チョコレートといったものは皮脂を作る元となるので注意が必要です。頭皮の臭いを抑えるために効果的な食べ物としては、抗酸化作用のある栄養素を含むものが良いとされます。代表的な栄養素としてはビタミンC、ビタミンE、βカロテンがあり、これらを積極的に摂取することで、皮脂が酸化して臭気を発するのを防ぐことができます。ビタミンCはレモンやバナナ、ホウレンソウなどに多く含まれ、ビタミンEは卵や焼き海苔、うなぎといったものから摂取できます。βカロテンは緑黄色野菜が主となりますが、特にトマトにはリコピンも含まれるのでサラダなどで補給すると良いようです。また、ポリフェノールには強い抗酸化作用を有していて、大豆製品や赤ワインからも摂取することが可能です。食生活の改善は長期的に考えて、徐々に体質を改善していくものなので、すぐに変わっていくというものではありません。素早く改善したいという場合は、シャンプーを変更するなど、他の要素も織り込んでいく必要があります。

関連記事

NO IMAGE

頭皮の臭いを抑えるやっておきたいこと10選

NO IMAGE

頭皮の臭いを改善する-生活習慣編-

NO IMAGE

頭皮の臭いはヘッドスパで気にならなくなるの?ヘッドスパの料金とおすすめのポイント

NO IMAGE

超きもちいい!頭皮の臭いスプレーおすすめは?選び方のポイントと使い方のコツ

頭の匂いを防ぐには適切なシャンプーと洗い方

NO IMAGE

頭皮の臭いを改善するーやってはいけないNG集編ー