頭皮のフケはシャンプーの仕方でなくせる?

頭皮のフケに悩んでいる方は、乾燥を疑ってみたほうがいいでしょう。
カサカサの状態は皮膚が乾燥して角質化しやすく、それがフケになってしまうのです。
またターンオーバーの異常も考えられるので、自分に合ったシャンプーで洗髪ケアから始めていきましょう。
高洗浄力のシャンプーは、乾燥を招くので洗浄力は適度に抑えておくのがよいです。
洗髪後の頭皮を指で触れてみると、状態がわかるはずです。
油分がまったくなくなっている場合、そのまま放置しておくと乾燥してダメージを受けやすくなります。
紫外線に対して非常に弱い状態にあり、乾燥によって肌がボロボロになったり炎症を起こしたりすることがあります。
すべての肌質に対応したアミノ酸シャンプーなら、適度な皮脂を残してくれるのでおすすめです。
コンディショナーと一体になったタイプもあるので、手軽にケアしたい方におすすめです。

洗髪をするときは指の腹をぐるぐると回転させて洗浄していきます。
回転運動によって血行促進作用が得られますし、汚れも落ちやすくなるのです。
皮脂は潤い成分でもあるので、完全に除去するのは好ましくないとされます。
しかし、毛穴に詰まっている皮脂は完全に除去しなくてはいけません。
皮脂は乾燥から頭皮を守ってくれますが、固形化すると悪さしかしないのです。
毛穴を塞いでしまうので、健康で太い髪が生えてこられなくなります。
毛穴に皮脂が詰まっている場合は、専用のクレンジングやオイルで落としていきましょう。
オリーブオイルやホホバ油なども、皮脂の除去力が高くておすすめです。
オイルを使用される方は、塗布して10分程度は置いてから洗い始めましょう。
時間を置くことで固まった皮脂が液体になり始めるので、シャンプーで落としやすくなるのです。

コンディショナーはフケ解消に効果的なので、シャンプーのあとに使用してください。
ある程度ぬめりを残す程度がちょうどよいので、軽くすすぐ程度でよいでしょう。
ぬめりが頭皮と髪を保湿し、紫外線や乾燥のダメージをブロックしてくれるのです。
育毛剤は特に使用する必要はありませんが、抜け毛が多いと感じる方は使用してもよいでしょう。
フケが発生する状態は、頭皮が乱れていることに違いありません。
正常肌に戻していくためには、皮脂量を調整していく必要があります。
皮脂は多すぎても少なすぎてもトラブルの原因となるのです。
フケが多い方の場合は乾燥が原因であることが多いので、保湿ケアを入念に行いましょう。

関連記事

NO IMAGE

頭皮のフケに湯シャンで解決できますか?湯シャンの効果とシャンプーのコツ

NO IMAGE

頭皮からフケが止まりません!脂っぽくもないし、乾燥していないのに!どうして?

乾燥は顔だけじゃない!頭皮のフケの原因と正しいケアの方法とは

NO IMAGE

頭皮のフケが増えるのはストレス?それともアレルギー?