頭皮 臭い 対策

頭皮の臭いを抑えるやっておきたいこと10選

頭というのは髪の毛がありますから汗をかいたとしてもしっかりと拭うことが難しかったりします。けれども汗をそのままにしておくと頭皮が臭くなってしまうかもしれません。
頭皮が臭うようになってしまう原因はいろいろあり、例えば加齢臭ではありませんが、男女ともに年齢が高くなると肌の環境も変化してくるので臭いなどが発生する場合があります。また食事の内容やホルモンバランスなどの体調の変化、シャンプーなどのヘアケアが間違っていたり、長時間帽子をかぶっていたり紫外線を浴びて日焼けしてしまったりといったことも臭くなる原因になります。
そして頭皮というのは、普通の肌のようにタオルで汗や皮脂などを拭ったりすることができなかったり、髪の毛をしっかりセットしていればなかなかそれを乱してまで対処するのが難しかったりします。
臭いを抑えるためには、日頃から清潔にして臭いの原因を取り除いておくことが重要になります。
頭皮の環境を悪くする原因としては、皮脂が過剰に分泌されてしまうことや古い角質が残ったままでいること、そしてカビや雑菌が繁殖してしまっているということが考えられます。
ですからまずシャンプーで洗うことが重要になります。当たり前に感じるかもしれませんが、しっかりと角質を落としてシャンプーが髪に残らないように完全に洗い流すことが大切なのです。シャンプーが少しでも残っているとカビや雑菌の元になってしまうので気をつけましょう。
一緒にマッサージもして血行を良くしてあげます。
洗髪の後は完全に乾かすことも重要です。水分が残っているとほこりがつきやすくなりますし、カビや雑菌の繁殖の原因になるからです。
食生活も重要です。
タバコやお酒の飲み過ぎは控えたほうがよいでしょう。
緑黄色野菜などビタミン類を多く含んでいる食材は血行を良くしてくれる効果があるので、臭いを抑える効果も期待できます。
ストレスや睡眠不足は体調やホルモンバランスを崩す原因にもなるので気をつけましょう。
他にも肩や首のコリ、眼精疲労などは血液の流れを悪くする可能性があり、毛根まで十分な栄養が届かないと頭皮の環境が悪化することも考えられるので、解消するようにするのが臭いを抑えることにつながります。
入浴や有酸素運動をするこは血行や代謝をよくする効果があるので、汗などが臭くなるのを抑えてくれる効果が期待できます。
その他にも紫外線を直接浴びないように帽子や日傘を利用することなどが対策になります。