頭皮の臭いを改善するーやってはいけないNG集編ー

頭皮の脂っぽい臭いは、なにも男性だけの悩みではありません。ヘアデオドロラントなどで誤魔化すことができない男性に多いことは事実ですが、中年以降の女性にも大変多い悩みです。改善するためにいろいろな方法を試してみても一向に良くならない、という人は、方法が間違っている可能性大です。頭皮の臭いを改善するためにやってはいけないこと、良かれと思ってやっていることが逆効果になっている可能性が高いことを紹介させていただきましょう。
まずはシャンプーのし過ぎです。臭うのは汚れが取れていないからだと思い込み、1日に2回も3回もシャンプーをする人がいます。ちょっと汗をかいたらすぐにシャワーでシャンプー、という人もいます。これは、一見清潔に保てて良さそうに思えるかもしれません。しかし、洗い過ぎることで余分な水分まで奪い取ってしまい、それを補おうと一層皮脂を分泌するという悪循環に陥りやすくなります。過剰に分泌される皮脂によって髪はベトベトし、脂っぽい臭気を発するようになりますので、間違った方法であることは明らかです。
シャンプーの頻度は適していても、爪を立ててゴシゴシと洗う、というのも良くありません。これも汚れを落とそうとする人がやりがちな失敗です。頭皮は、指の腹で優しくマッサージをするように洗うのが1番良い方法であり、剣山のような形をしたシャンプーグッズを使うのも良くありません。顔の皮膚と同じで、強い刺激はトラブルの原因になります。いつも頭髪で隠れているため気付きにくいですが、ゴシゴシと洗うと傷がつき、そこから炎症を起こしてしまうことさえあります。表面にトラブルが起きると正常なターンオーバーができなくなり、皮脂で覆われてしまう、というメカニズムです。爪を立ててゴシゴシと顔を洗わないのと同様に、頭皮も優しくマッサージしてください。汚れはそれで十分に取れます。
最後にワックスやムースなどのヘアケア製品の使い過ぎについて触れておきましょう。なかなか改善しない臭いを誤魔化そうと、香料の強いヘアケア製品を使う人がいますが、まったくの逆効果です。確かに強い香りで一時的には誤魔化せるかもしれませんが、この手の商品はシャンプーでは落としにくく、残ってしまうことがあります。頭皮に残った汚れは雑菌が繁殖する原因になり、臭いのもとになりますので、改善どころか悪化させることになります。
同じ理由でシャンプーやトリートメントはしっかりと洗い流すようにしましょう。少しでも香りを残そうと不充分なすすぎをすると、雑菌が繁殖しやすくなります。

関連記事

NO IMAGE

頭皮の臭いを改善するーヘアケア編ー

頭の匂いを防ぐには適切なシャンプーと洗い方

NO IMAGE

超きもちいい!頭皮の臭いスプレーおすすめは?選び方のポイントと使い方のコツ

えっ、まじ!?シャンプーを変えたのに頭の臭いが変わらない・・・そんなときに試した...

NO IMAGE

頭皮の臭いを抑えるやっておきたいこと10選

NO IMAGE

頭皮の臭いが気になり始めたらすぐにでもケアしたい6つの方法